病院やナースさんの対応改善支援ブログ

病院の予約システムについて

 

病院やナースさんへの愛ある不満というのは、改善点や方向性を決める上で非常に重要な役割を果たしています。
現実に企業では匿名でのアンケートを通常の意見よりもより重視する傾向にあります。
そこでこのサイトも意味あるものを目指して運営、更新していく次第でございます。

 

 

日本の病院は都心にたくさんあり、地方や郊外にはあまり病院が多くありません。そのため、郊外の病院にいってもどこも朝から人がいて、なかなか診察することはありません。その中でも特にいらないシステムが予約のシステムです。病院は何時に予約していくというシステムをとっていますが、郊外の病院では予約の時間に行っても普通に一時間以上待たされます。

 

美容室などでは予約した時間に向かうとスムーズに髪を切ってくれますが。病院では関係なく待たされます。そんなことなら予約するシステムいらないのではと思う事もありますが、これは病院側の視点から考えると少し難しくなってきます。

 

 

病院側は朝から晩まで患者の相手をしています、そこで予約というシステムをとらずに来た人からどんどん診察をするという形式をとってしまうと、一日に6時間以上待たされてしまうことになります。そのため、少し待たされるけど、だいたいの時間に区切っていることになります。さらに診察に時間がかかるということはしっかりと診察をしていることの裏返しになるため、批判することもできません。

 

そのため、もっと郊外に医者の人達が来て増えることを期待してきたいと思います。

 

【提案】予約できるのであればそれで統一するべきでは?

病院を利用する際、特に総合病院のような比較的規模の大きな施設の場合、待ち時間における不満は付き物です。
皆さんがより良い医療を受けたいと思い、そのような一流どころを頼りにするため、余計に混雑することになります。
その為に初診料といった制度があるのですが、最近では、次の診察時間は予約できることの方が多いと思います。

 

ということは、初めからすべて予約診療にしてしまえば良いのではないでしょうか?
要するに、紹介状などが無ければ受け付けない、というように、踏み込んだ制度を設けても良いのではないかということです。

 

もちろんそれには多数の異論があると思います。
すべての方に平等に医療を受ける権利はありますし、また、医者の立場として紹介状を書きたくない方もいらっしゃるとも思います。

 

とはいえ、人が大きな病院ばかりに集中し、本当に苦しんでいる人がずっと待合室で待たされる現状は変えたほうが良いですよね。
それに、すべて予約によって診察できるのであれば、施設側もある程度、人員体制であったりといった準備態勢が整うのではないでしょうか。

 

これは単に患者側のエゴなのかもしれません。
いかに待ち時間を減らすか、という事ですからね。

 

とはいえ、このようなことが出来るのは、それこそ患者側の意識の変化を待つしかないかもしれませんね。

 

 

 

電子化が進んだ病院とドクターの対応

病院について思うことはたくさんありますが、最近感じるのは、電子化が進んで患者を見ずに、モニターだけを見て話すドクターが増えたことです。これは病院制度というより、診療システムの進化の結果ですが、人としっかり向き合う医師が少なくなったように思います。

 

それと、自分が訴える症状について、あまり大したことはないという雰囲気を感じる時もあります。すべてのドクターの傾向ではありませんが、相当重度の患者も診ていると思うので、そうした人たちと比べると仕方がないことかもしれません。

 

ドクターの後ろにいるナースさんはおおむね親切な人が多く、気遣いを感じます。採血や治療方針、入院の際の注意事項など、親切に説明してくれる方が多いように思います。そのため余計に、ドクターがモニターではなく、よく人間のほうを見て診察してもらえればと思います。しかしながら、電子化が進んだおかげで、レントゲンの現像時間もなくなり、すぐに映像を見られるのは進歩です。次の診察の予約や、薬の手配も、電子化が進んだために、出しすぎたり取り違えたりする間違いは減ったと思います。

 

【PR】看護師の転職サイトの真実

看護師さんの転職マッチングサイトで子育て中や、土日休みたいと思っている方は、
看護師求人土日祝休み※転職先の情報を事前に知る方法!
が参考になると思います。

更新履歴